忍者ブログ  

メアリー -Mary-

コミティアを中心に活動する創作サークル『メアリー』のブログです はじめての方は『このブログについて』へどうぞ!

新刊のお話


5月5日(土)東京ビックサイトで開催のCOMITIA124の新刊です
『ブラックバーン家のメイドさん達 イースター編』A5/56P/500円
【メアリー/そ33a】
19世紀英国、お屋敷メイド本第三弾!進展するカミラの恋と、イースターを迎えたお屋敷のお話
※この巻からもお読みいただけます


今回はお屋敷の3月〜4月頃が舞台です
雪景色は作画楽だったけれど、枯れ木が大変だったなあ…と
そんな冬も終わり春がやってきます。
英国の母の日は日本より早くイースター前にあり
メイド長のカミラが実家に帰省します。
舞台がお屋敷外になるので、前半はメイド成分少なめ
後半はキアイラの勧めでご主人がエッグハントをするお話です



前回のバレンタイン編に引き続き、カミラの恋も進展します
いつも年の差カップルを描いてはいますが、今回は初めてのお姉さんと年下男子の組み合わせ。
お姉さんとして落ち着いていたいのに余裕がなくなるカミラと
若さゆえか(?)わんこのようにまっすぐなレオン
………本当にいつもの逆ですね。
うまい感じにできていれば良いなーと思います

他、既刊も諸々持ち込みます。
ブラックバーン家シリーズでもよくいちゃいちゃしている
ご主人とキアイラのメインストーリー
「ヴァンパイアんちのメイドさん」456(再録)〜10巻

ブラックバーン家のシリーズへ至るお話や
お屋敷の秋から年末までのお話もあったりします。

・吸血鬼であるご主人に関係する古い物語「禁書の吸血鬼」
・ご主人の小さな学生時代の思い出「紳士のたまごは初めての恋をする」


など番外編も諸々持っていきます。
今回はブラックバーン家メインのスペースとなるので、他シリーズは少なめの予定です
またお品書きなどできましたら更新します!





にほんブログ村 漫画ブログへ

拍手[0回]

PR

COMITIA124参加決定



桃ノ木です!
前回は抜歯のお話をしましたが、もうすっかり忘れてしまうぐらいよくなりました!
ただ歯医者通いはまだ続いておりますが、そろそろ終わるかなー
そして、またそろそろコミティアのシーズンがやってきました!

五月五日(土祝)東京ビックサイト開催COMITIA124に参加します
【メアリー/そ33a】
新刊はブラックバーン家のメイドさん達・イースター編予定!
更に進展するカミラの恋と、相変わらずいちゃいちゃしているダグキアの話です

個人的に特出すべき事柄があるとすれば、
マザリングデーで実家に帰省するカミラの、妹のデザインがとても気に入っている事と
ご主人が久しぶりに脱いだ、といったことでしょうか。

カミラ妹は、ちょっと古めの髪型をしている眼鏡の女性で
彼女を巨乳設定にしたら、釣られてカミラさんもバストアップしていました。
描くのがとても楽しかったです。

ご主人が脱ぐのは、ついにダグキアいかがわしいことに…!とかではなく
普通に着替えのシーンなのですが、この人の筋肉を意識して描いたのは
3巻以来ではなかったか、と懐かしく思いました。
筋肉とかわからないから脱いで欲しくないなーという思いと
ベタが楽だからシャツは着ない方が良いのではないか、という思いに挟まれていました。

普段、筋肉を維持されている方からすると
家に引きこもってばかりのもやし生活なのに、何でムキムキやねん!
って思われそうですが、吸血鬼化すると筋肉の付き方とかの体形が理想的な姿になる
みたいな阿良々木君方式かもしれません
あるいは吸血鬼化の時点では、割と活発な青年だったのか。
何にせよ「そのまま維持できる」って最強だなと思います


そんな感じで、イースター編を描いております。
印刷所の締め切りがGW仕様でやや早そうなので
完成まで頑張りたいと思います!



http://seiga.nicovideo.jp/comic/14816?track=verticalwatch_cminfo1

後、いつも通り今週もニコニコ静画の方更新しております
今回はイラスト回、あまり公開したことがないであろう昔のイラストをまとめてみました。
漫画は、第2話まで最後まで読めるようになっております
この機会に一気見していただけたら嬉しいです!







にほんブログ村 漫画ブログへ

拍手[0回]


親知らずを抜いた話

桃ノ木です、今日は久しぶりに私生活のお話を。
この前初めて上の親知らずを抜きました!
原因は虫歯、前にもこの歯治療していてその下をゆく穴が生まれているとのことでした。
受診するまで特に痛みはなかったのですが、諸々に穴が空いて弱くなっていた歯の上層部がパキンと欠けた事から
うわああああ欠けたあああああ!!!
となって翌日慌てて歯医者へ行きました。

以前から、この歯は再度虫歯になったら抜くしかないかもね、と言われていたので
抜くなんてとんでもない!と気をつけて歯磨きをしていたつもりでしたが磨ききれていなかったようです。

そんな感じで仕方なく抜歯に…。
親知らずの抜歯はまあよく聞く話ではあったのですが、実際に自分の歯を抜くなんて!!
となったら、やはりめちゃめちゃ怖いですね
上の親知らずは顎に触る下の歯よりも抜きやすく、治りも早いそうで、大丈夫ですよ~と言われました。
が、下の方は斜めに生えてますね~この時はちょっと痛いかもですね、とも。

…自身の身体に更なる爆弾があることが知らされる!!

それは頭だけ出ているタイプらしく、歯磨きもしづらいらしい。
…でもなるべく維持を頑張ります(汗)怖い

抜歯はあっというまに終わりました。麻酔をかけて、くるぞーくるぞー
と思っていたら、ぐぐっ…ぽん、みたいな。いつの間にか先生の手にある歯
虫歯の治療よりも実に簡単でした、よかった。
でも逆に歯ってそんなもんで抜けちゃうんだ…という衝撃もありました。

先生は麻酔が切れたら、普通に食事をしても大丈夫ですよ、と言ってらしたのですが
一応事前に調べたところによると、やはりおかゆなどの歯に負担の少ない食事が良いとのことで
悪化を防ぐために、その日から柔らか生活に!

おかゆ、ウィダーインゼリーを皿に開けたやつ、ヨーグルト、アロエゼリー
などなど。
当初は口が開けづらく、いつ出血するか恐々スプーンで食べれる物を食べていました。
が、歯以外は健康体なのでそんな食事で満足できるはずがなく、すぐにお腹が減って辛かったです。
そんなに気をつけていたのに、初日の夜に出血。ティッシュを噛んで止まるのを待ちました。
流石に栄養不足が気になったので、以降は徐々に揉んで短くしたうどん、豆腐とひき肉和え焼き、かぼちゃマヨサラダ
とかとかおかず系も増やしていきました。
後は豆乳とか野菜ジュースとか、流し込めるものは流しこんどけ!みたいな

そして5日目には親知らず痕の違和感も減り、普通に食事ができるようになりました!
まだ念のため片頬を庇いつつではありますが、もう大体のものは食べられるかなと。
体感としてはとっても長かったし、食のストレスって半端ないな!と実感しました

普段はそんなに食事に関心が高いタイプではないのですが
いざ、食べられるものが限られると、あれも食べたいしこれも食べたいのに食べられない!!
という気持ちになるんですよね。食事系のダイエットなどもあまりした事はないのですが
多分私の場合は同じ感じで、逆に制限をかけたことにより関心が高まってしまうのではないか…
と今回思いました。

復帰までどれぐらいかかるんだろう…と心配していた抜歯ではありますが
だいたい一週間もすれば食事の心配はなくなるようです。



後、原稿やってます。
上のページは作業キャスでお手伝いしていただいた部分。
抜歯後二日間は痛みが出るとのことで、鎮静剤を処方されていたのですが
その作用なのかとっても眠くて眠くて…
進行が遅れてしまったので、来月は頑張りたいです






にほんブログ村 漫画ブログへ

拍手[1回]


ワードウルフ会開催!


桃ノ木です
3月21日(水祝)の夜9時から
稲見晶さん主催の「夜の植物同盟 ワードウルフ会」に参加します!
参加者は主催の稲見さんと、桃ノ木、松戸さん、すいちゃさん、夜々さんの計5人です
下にtwitter告知のリンクを貼っておきます開催場所は稲見さんのツイキャスホーム(https://twitcasting.tv/inami_akira/
で、時間になりましたら開場となります。
開場後は、桃ノ木他、皆さんのtwitterからもお知らせできると思いますので
アカウントをお持ちの方は是非そちらをチェックしてみてください

で、具体的にワードウルフってなんぞや?という話なのですが
「人狼」という有名パーティーゲームに似た感じのゲームです
名前も多分そこから来ているのでは……違うかな?

人狼がゲーム開始前に役職を割り振り、少数派のババである狼をあぶり出すのと違い
ワードウルフでは誰が狼かわかりません。
それぞれ配られた単語「ワード」について議論し
自分と似て非なるワードを持つ人物「ウルフ」を当てるゲームとなります。

ウルフは人狼と違い、プレイヤー人数が増えても1人
お題のワードは例えば「珈琲」多数と「紅茶」1人、など似たような物が多く
うまく多数派に擬態できればウルフの勝ち、1人を当てられれば多数派の村人側の勝利です。
ただし、自分がウルフであるか否かがわからないので
情報を出しすぎるとあっという間にバレるか
村人であればウルフにこちらの単語が悟られてしまうかもしれません…。
ウルフが指名された際に多数派の単語を当てられたら逆転!という
「大逆転ルール」というのもあるようですが、今回はそちらはやらなさそう。

とか、そんな感じの心理戦ゲームとなります。

よくわからなかったら、すみません!
当日稲見さんがわかりやすく説明してくださる…はず!

普段ツイキャスはコラボや創作語りが多く
web上にあまり漫画を公開していない桃ノ木の事はよくわからない
という方でも、今回はパーティーゲーム会なので
楽しく聴いていただけるかなと思います!
来週水曜日、是非お越しくださいー!



…後、少ないweb上でみられる漫画として
ニコニコ静画で一部公開中、明日更新するのでよかったらそちらもどうぞ!

http://seiga.nicovideo.jp/comic/14816?track=list








にほんブログ村 漫画ブログへ

拍手[0回]


seLeさんからいただきました!


桃ノ木です!今回も頂き物自慢のコーナーです♫
全然自分のイラストをUPできなくてすみません、最近は五月に向けてチマチマと原稿やってます。
で、今回はseLeさんから、こんな素敵なイラストをいただいてしまいましたー!
seLeさんはtwitterの方でお知り合いになった方で、吸血鬼漫画を描いているのが共通点なのかなと思っています!
小さくて可愛らしいメイドのアリアちゃんと、カッコいいし可愛いし魅力盛りだくさんの吸血鬼ユーミール様の漫画「アリアとユーミール」はtwitter他、運営される個人サイトの方でも読めるようです!おすすめです!
http://akatenproject.web.fc2.com/index.html
(宣伝の為に貼らせていただきます!)


そして今回描いていただいたのは、我が家の漫画のメイド長、カミラさんです!
前回新刊がカミラさん回だったので、とのことで漫画を読んで下さりとても嬉しいです!
いやー……素敵。
私は水彩があまり上手くないので、魅力的な水彩画を見ると本当に凄いーってなります(語彙力…)
何より肌と瞳が好きで、白人の美人さんの色だと!
肌色は、自身だとどうも操りきれず、つい色白黄色人種みたいにしてしまうので
これが見たかった!!!みたいな猛烈な感動を覚えました!
自分にできないことって本当に刺さりますよね…っ

後、耳がほんのり赤いのが好きです。
キーアイテムの赤いマフラーをしているので寒い時期の一枚なのだなと
それはそうと赤いと色っぽいよね、と。

イラストを拝見して、ウォルトン君は幸せ者だなと!フラグ回収してやるからな!
と、内心盛り上がってます
この感動を、原稿の原動力にしたいと思います!

本当に素敵なイラストありがとうございました!



にほんブログ村 漫画ブログへ

拍手[0回]


ヴァンメイ更新中


桃ノ木です!
以前告知したニコニコ静画でのヴァンメイ配信、今回で10話目となりました!

http://seiga.nicovideo.jp/comic/14816?track=list

「メアリー来襲」のお話もやっと中盤、これからもこんな感じで更新していこうと思います!
今の所、毎週土曜日更新となっております。一度にUPするページ数はそう多くないので、2週に一度くらい覗きに来ていただけたら!面白かったらコメントくださいー♫

数ページごとにサブタイトルをつけるのも、楽しくなってきました//
実は毎回サムネやタイトルは結構悩んで更新しています。どこを切り取れば面白そうか?という見せ方の練習にもなりそうですね!

昔の漫画で色々お恥ずかしい面もありますし、今更内容の修正もできませんが、見せ方やキャッチコピーなど今からできる工夫でワクワク度を上げていけたらいいなと思ってます!
来週の更新も、どうぞお楽しみに♫




にほんブログ村 漫画ブログへ

拍手[1回]


あずささんからいただきました!


桃ノ木です!
いやー桃ノ木も画力が上がったな……ではなく、


今日はいただきもの自慢です
とっても素敵なイラストをあずささんからいただきましたー!
ラブラブなダグキアです
キアイラは可愛いし、ご主人はカッコいいし最高ですね!
特に私は女の子を丸顔にしてしまうので
小顔で美人形に描いてもらってキアイラ良かったねえ、という気持ちです。

私自身がなかなかラブラブな絵を描かないので
こうしていちゃいちゃしている二人を見られて、とても嬉しいです…っ!!!
本編ももっと頑張っていちゃらぶさせたいところです!
恋愛漫画を扱っておりますが、いつになったら恋愛描写が得意になるのだろう…。

あずささん、素晴らしいイラストありがとうございます!





にほんブログ村 漫画ブログへ

拍手[0回]


Bar十誡と紅鹿舎の感想


桃ノ木です!
今日は同じ吸血鬼作家の松戸さんと、銀座にあるcaféBar十誡さんへ行ってきました!
https://www.zikkai.com/access

こちらは定期的にテーマが変わる文豪メニューがあって
今月はレ・ファニュの女吸血鬼カーミラがテーマでした!
それをtwitterで知り、カーミラ気になるー!行きたいー!でもバーとか不安!
とアピールしておりましたら、経験者おりますよ、ご一緒しますよ、と
松戸さんにお声がけいただき、今回の来店が叶った次第です。



こちらは秘密の地下図書館がテーマのカフェバーで
お茶やお酒を飲みながら、優雅に読書ができる場所のようでした。
午後3時から営業し、6時までがカフェタイム、そこからがバータイムになっています。
私はお酒がダメなので、今回はカフェタイムに連れて行ってもらいました!


店内はゴシックな内装に、バーらしいカウンターと、立派なソファー席が何席かありました。
今回は二人ともありカウンター席でしたが、こちらもふかふかな椅子で長居できそうな感じ。
席が少ないとうかがっていたので、開店と同時に入りましたが予約の方が多く
店内はすぐにいっぱいに。
三、四人でボックス席を予約するのが理想的かな、といった感じでした。
女性のお客様が多く、開店当初は全員が女性なくらい
カフェタイムはそんな感じなのかも知れません
後、おしぼりも何かいい香りがしたような……とにかく香りも良い場所でした。

書籍は絵本から写真集、小説、専門的な文献まで多種多様で、
私はメイドに関する書籍を、松戸さんはカーミラの小説を持って席に着きました。



で、お目当の期間限定カフェタイムメニューがこちら
文豪モクテル レ・ファニュ『Carmilla~吸血鬼カーミラ~』
(ミルクと薔薇のヨーグリット)
カーミラの肌をイメージした優雅な一品。
松戸さんはもう一つの限定モクテル「カーミラのホットチョコレート」をオーダー。



両方とも花びらが添えられた素敵なドリンクでした!
上から見た図。こんなオシャレな飲み物飲んだ事がない…!
というかシェーカーで振ってもらった飲み物が初めて!
女性店員さんの制服が黒コルセットのようで、とても見目麗しかったです//

付け合わせにロータスクッキーが出されたのですが
これが出る喫茶店は良店らしい、と豆知識を教わりました。

初めて来た割にとても居心地が良くて、カウンター席とは思えないくらい長居をしてしまいました!
お値段はお酒を飲む場所とあってチャージ代とサービス料が加算されて、ややお高めかなと。
でも銀座だし、BARってこんな感じなのかな? 普通のカフェよりも、といった認識です。


その後、そろそろ場所を変えよう、何か食べようと移動して
有楽町駅近くの喫茶店「珈琲館紅鹿舎」へ行きました!

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13002146/
(HPがわからなかったので食べログ)

なにやら元祖ピザトーストのお店だとか

雰囲気のある外装。



フードメニューのサンプルがとても大きかったので、多分多いだろうと
ピザトーストはシェアしました!
お願いする前に取り皿やカトラリーを用意してくださったので
シェアするお客さんも多いのかも知れません。
写真では伝わらないのですが、この皿かなり大きいです!
一人一つオーダーしたら他に机に何も乗らないレベル。

味は元祖がつくだけあり、めっちゃ美味しかったです!!!
家で作るピザ生地がないから食パンで代用した、みたいなピザトーストと全然違い
百倍美味しくて、正直単なるサンドイッチレベルかなと内心侮って本当すみませんでした!!!
二人で黙々と食べてしまいました//


そしてこちらはドリンクメニューも本当に豊富で
メニュー表見開きにみっちり表記があり、数えたら百種類くらいあるのでは…?
聞きなれない名前も多く、色々迷いに迷った挙句

「カフェタカラヅカ」
という名の珈琲を選びました。…なんとなく。
出て来てびっくり、単なる生クリーム!水気なし!

…ではなく、グラスの中にあるバラの形のクリームと虹色の砂糖の上に
その場でコーヒーを注ぎ、くるくると踊るクリームを見つめるメニューでした。
グラスも合間って、とてもオシャレなドリンクです!


こちらの店内は明るかったので、食べてからお絵かき大会。
絵描きが集まれば、これは当然の流れですかね!

こんな素敵なイラストをいただいてしまいましたー!
左から、大好きなティル君、素敵なお洋服の松戸さん
吸血鬼スケッチ企画で描いていただいた桃ノ木、ダグラスです!

めっちゃ豪華なイラストを描いていただいたのに
その正面で私が描いていたのは…比喩でなく落書きだったんですけど
まさにわらしべ長者な気分でした//
今日は本当に楽しかったです!

十誡さんも紅鹿さんも、とても素敵なお店だったので、銀座にお越しの際はぜひ!
本日のレポでしたー











にほんブログ村 漫画ブログへ

拍手[0回]