忍者ブログ  

メアリー -Mary-

コミティアを中心に活動する創作サークル『メアリー』のブログです はじめての方は『このブログについて』へどうぞ!

あけましておめでとうございます

桃ノ木です、とても遅くなりましたが新年初のブログ更新ということで
あけましておめでとうございます
というご挨拶から始めたいと思います。

今年のお正月は年末から家族が病気になり、ほぼ看病に掛り切りといった物になりました。
そんなわけで初詣など諸々どこにも行かなかった割に、原稿も進んでいなかったりします…(汗)

さて、まずは最初に久々のニコニコ静画の宣伝を!

ヴァンパイアんちのメイドさん1〜3巻
こちらの更新が、いよいよあと数回の更新で3巻まで出そろいます!
3巻まで公開し終えた後はしばらく続きは出さず、静かになって宣伝も忘れてしまうと思うので、ぜひぜひこの機会に一気に読んでいただけたら嬉しいです!
4巻以降のお話はまだまだイベントの方で並べます。


次に、今年のお正月はパッとしませんでしたが
その後は公現祭を祝うガレット・デ・ロワを食べました!

箱と説明、付属のフェーブ。当たりはアーモンドらしい
なぜフェーブが陶器のティラノサウルスなのか…??


ガレット・デ・ロワはその名前の響き通りフランスのお菓子で
ケーキの中に隠されたフェーブ(当たり)を引けた人は、王冠を被る権利を得られ、またその一年は幸運に恵まれる、という伝えのあるゲーム性を持った食べ物です。

キングは一人この俺だ!!

いざ実食!



で、結末はこんな感じ。パッコリ半分に分けられたアーモンド。
キング一人じゃないじゃん!!

私にはおそらく半年分の幸運が訪れるとみました。
良いことがあるといいなと願っています。

ちなみに二月のコミティアに向けての原稿の進捗はまだ微妙…。
そこらへんのお話はまた次回、色々書きたいと思います!



にほんブログ村 漫画ブログへ

拍手[1回]

PR

無題


桃ノ木です、今日は次回の新刊について少しお話しようかと思います!
それはそうと、そろそろクリスマスですね
今年はまだクリスマスイラストを描いていないし、年賀状も描いてないし…
どうしたものかと。
原稿は毎日描いているので、その時間を使えばイラストも描けなくはないのですが
どうにも原稿がちゃんと終わるのか不安で、イラストの時間と取れずにいます。
でも年賀状は誰かしらからは届くと思っているので、それはやらないとかも。

原稿の内容について。
次回は引き続きブラックバーン家のシリーズです!
カミラの恋編もクライマックス、いよいよウォルトン君の両親にカミラを紹介…
と思ったら、メイドと知って予想外の強い反対を受ける。
色々あってお屋敷内でも上も下をも巻き込む騒動になり
果たして二人は無事に親の許可を得られるのか…??

というお話になります。
おそらくヴァンメイシリーズを見てきた方は特に、早急な展開に感じられると思うのですが
(前々回でお付き合い始まって、前回の巻でデートしたくらいだし)
レオンとカミラのカップルはどうにも、障害を用意し辛い二人でした。
ダグラスとキアイラと違い、ちょっとしたすれ違いなら笑ってすり合わせしちゃいそうだし、物理的距離を離したところで、普通に文通してなごやかーに過ごしそうだし…
もう問題があるとすれば、これしかない!!くらいの気持ちで
両親への紹介=結婚するか否か
みたいな展開になりました。ので、おそらくクライマックスです
こう…相性が良ければ良いほど小さな問題では問題にならず、ぶつかった時にはそれは非常に大きな問題である、というもので
これまでの季節のイベントをわいわい行うブラックバーン家のお話と違い
次回はとっても人間関係が色濃い雰囲気となります。

前回のブラバンショートは、何も起こらない、なんでもない日常漫画と称していましたが
…あの空気、前回やっておいてよかった!!!
と思うぐらいのギスギス感です。

レオンの一家が初めて登場したのはヴァンメイ10巻ですが
実は設定では、レオンの母はちょっとお姑さんとしては嫌なおばさん
として描いていました。
メイドへの当たりがややキツかったり、なんだか煩そうな雰囲気だったり。
ご主人がキアイラを嫁がせようとしていたので
いやでも実際あの中に入ったら大変だよ?
という意味合いを持たせたく描きました。
ちなみにご主人は微塵もそんな雰囲気は感じ取っていません。
良いところに嫁げば幸せだろう、とそれだけでしたね。

で、その設定が今回、忘れた頃に火を吹きます。
強烈お母さん再び!
カミラには頑張って貰いたいです…。

そんな展開になるので、これまでニコニコしてばかりだったレオンが凄く怒ったり喚いたりして、あのお母さんにマフラー巻かれていた子が…!と、反抗期(ではないのでしょうが)みたいなものを感じています。設定としては可愛い顔の男の子なので、怒った時にどこまで顔をキツくしていいのか、加減をよく悩みます。

こんな感じの説明で、なんとなくお話の雰囲気は感じていただけたら良いなと思います。


上にも描きましたが、進捗はまだまだ不安な段階です。
前回の原稿期間から続くスランプ、というかモチベの低下はまだ尾を引いていて
描くのは楽しいしお話にも興味があるし、新刊も出したい
でも、どうしても前のようにはスピードが出ない、という状態を相変わらず続けています。
状態はそういうものなので、後はどれだけ描く時間を取れるかといったところ。
年末年始はなんだかんだ私用が多そうですしね…


そんな感じで現状の原稿のお話でした!
季節のイラストは出ないかもしれないので、もし出たら褒めてやってください!
年末も原稿頑張ります!





にほんブログ村 漫画ブログへ

拍手[1回]


お仕事いただきました!


桃ノ木です、今日はお仕事のお話。
「お金借りるトリセツ」というサイト内のイラストを書かせていただきました!


簡単に人からお金を借りる人、貸す人。その心の中は?心理分析
https://ava-torisetsu.jp/okanewokasuhito-sinri.php

上はこちらのページに関するイラストとなります。
お金の貸し借り、時々止むを得ず…という事態も発生しますがなるべくは避けたいところです。
もし申し込まれた際に、相手はどういうつもりなのだろう?という疑問の答えや
貸し借りでトラブルになった人はこういう心理の場合が多いという心理がケースごとに紹介されています。もしもの際の参考になれば幸いです。

私は普段あまり貸し借りをする事はないのですが(家族間で小銭程度はあるけれど)
もし借り手に回った場合はこう思われるのだとハッキリわかると、予防はしっかりしておこうと気が引き締まる思いになりました。


以上、今回はお仕事のお話でした。ご依頼誠にありがとうございます。



にほんブログ村 漫画ブログへ

拍手[2回]


魔夜峰央原画展、他


桃ノ木です
今回は近々行こうと思っていた魔夜峰央原画展へ
父も興味があるそうで一緒にいってきました!
元々私にパタリロのコミックスをくれたのは父でしたので…
うーん予想通りの育ち方をした気はします、それはそれとして。

会期としては第三弾「美少年美青年特集」でした
こちらは明治大学の米沢嘉博記念図書館で開催中です。

…この前は母が好きなコブラの展示を見に行きましたが
母の影響でコブラを知り、父の影響でパタリロ(花とゆめ)を知ったというのは
やや不思議な組み合わせのような気もします。
まあ漫画に性別は関係ないですけどね!

今、第三弾であると父に伝えたところ
「どうしてもっと早く教えてくれなかったの!」
というお言葉をいただきました。



会場は撮影オッケーだったので何枚かUPします!
パタリロは申し訳ないことに途中までしか読んでいないのですが
(現在100巻が発売されたそう)
割と若い巻数の原画が多かったので
懐かしい懐かしい、となりながら見ていました。



美少年美青年特集だけあって、割と高めなバンコラン率
キーンおじさんも美青年枠でまとめられた…のか??
ザカーリやヒューイットもいました!
あとはタマネギ部隊の素顔とか、当然マライヒも!


パタリロシリーズで最推しのアスタロト様…!!
第三弾で来たのは、まあこの方がいるだろうということで!
2万歳だけど美青年なのかな…?とミーちゃんのコメントで言われているのが面白い。
私は最強感があって愛嬌のある、割と面倒見のいいアスタロト様が好きなんですが
多分ライバルのベールゼブブも人気あるんだろうなーと思っています!


他にもカラーイラストや、ラフイラストもあったり
美少年美青年特集なのにお前は違うだろー!ってキャラの原画があったり
とても面白かったです!
多分パタリロをご存知ない方は100巻も続くシリーズということで
とてもとっつきにくいとは思うのですが、基本短いお話が多いし
長期のストーリー入った時はめっちゃ面白いし
アスタロト様が最初に登場する22,23巻は全くの単独として読めますので
おすすめです!!

…あ、ただナチュラルにBLです。



この先は普通に御茶ノ水周辺の散策の話。


お昼(?)は山の上ホテルのパーラーでお茶をしました。
ホテルのババロアはとても美味しかったです!



正教会の大聖堂、ニコライ堂にも見学へ。
特に正教会の教徒ではないのですが、入館料を払えば見学できます
内装はとっても綺麗でしたし、冬に絨毯敷のストーブのある空間はとても幸せでした//
クリスマス前ですが、こんな時期に教会に行けると
なんとなく良いことがありそうな気になります。



最後に個人的な趣味で、秋葉原のメイド図書館シャッツキステさんへ。
初めて訪れたのですが、時間制料金で紅茶飲み放題(なくなるとメイドさんが注いでくれるよ)
はとても素敵でした!本は疲れてあまり読めなかったので、また落ち着いて訪れたいです。









にほんブログ村 漫画ブログへ

拍手[1回]


次回コミティアのお知らせ


桃ノ木です、COMITIA127に申し込みました!
次回もブラックバーン家の物語を出したいと思い、カットはカミラです。

また、今回はCircle.msの方からオンライン申し込みをしました。
こちらのサーチをお使いの方はサークルページも作ったので
お気に入りなどしていただけたら嬉しいです!
https://portal.circle.ms/Circle/Index/10409010

最近やっと新しい原稿に手をつけ始めたのですが
二月のイベントまで二ヶ月と少ししかないんですよね…!
(新しいカットとか作っている場合ではなかったのでは)

次回も新刊が置けるよう頑張ります!



にほんブログ村 漫画ブログへ

拍手[1回]


COMITIA126反省会


桃ノ木です!昨日はコミティア126に参加してきました。
お越しくださった方や差し入れを下さった方、本当にありがとうございました!


嬉しい差し入れ達…!これからの原稿のお供にしますね!


新刊はブラックバーン家のメイドさん達シリーズのショート編でした。
今回のイベントの印象としては、話しかけていただく機会がとても多かったなという事です。
せっかくなので、気づいた問題点や、今後の方針などを書き出したいと思います。


まず、いつもながらの品数多すぎる問題…。
・どこから読んだら良いの?
・456再録本の続きってこれですか?(からの横のブラックバーンシリーズ)

上の写真をご覧になってわかる通り、こんなんわからんですね!!
初見さんバイバイにも程がある…原画とか増やしてる場合じゃない!
大変申し訳ないです。

で、現状三つのシリーズがある状況を何とかする方法としては
①ヴァンメイシリーズを終売にして、ブラックバーン家と吸血鬼シリーズに絞る
②ヴァンメイ789巻を再録して、ヴァンメイ4巻以上から続けて読めるシリーズとする
があるのかなと考えていました。


ちなみに今回、どこから入ったらいいか?という質問に関しては
全てブラックバーン家のバレンタイン編をオススメしておりました。

お持ち帰って読了した後のあとがきに「こちらはシリーズ二冊目です」とか描かれているので、詐欺じゃん!となった方もいる筈なのですが…
そもそもブラバン(略)無印は、ヴァンメイシリーズ中に描いた「本編に出せていないメイドの生活に着目したい番外編」として出していて、ブラバンシリーズの主題であるカミラの恋について全く触れない(むしろヴァンメイ10巻の方が関わってきている)、そして直接的に物語も繋がっていないので、まあこれが一冊目と言って差し支えはないだろうという解釈をしています。

…ただキアイラとご主人の関係とか、吸血鬼設定とか引き継いでいるので
彼らの関係に関しては分かりにくい事この上ないです。
でも実はこの辺はブラバン無印にもちゃんと描いてない。


でも新刊やブラバンの宣伝を見てきてくれているであろう方々に
ヴァンメイ456〜10巻を経て(一部欠品だし)こちらのシリーズを見て下さいとは言えないなと。
そんな激高なハードル迷惑でしかない!

ので(正直余計な事書いたと思えてきた)後書きを見て
どうやらこれはスピンオフ?番外?的な話で前日談があるらしいとなって
もし気になるようでしたらヴァンメイシリーズに入っていただけたら嬉しいです。
プロローグ、123巻についてはニコニコ静画でじわじわ公開しております。
http://seiga.nicovideo.jp/manga/list?user_id=5641579

さて、先の選択肢に戻るのですが


ヴァンメイ456再録本を出して二年間、次をどうするかはずっと悩んできました。
どこか別の場所か、前回のレポかに書いたかな?
あんなに最後まで再録が出そうな装丁をして、「次の再録はしばらく出ないよ」
と出るには出そうな雰囲気を醸し出してはいましたが

正直ここ一年ぐらいは、①で良いのではないかと思っていました。
というのも二年前に123再録本が驚異のスピードで売り切れ、456がその半分も出ない
という困った現象が起こってしまって
いつもとっても素敵な感想や応援を下さる方には自虐っぽくなり申し訳ないのですが
一般的な広い目で言うと、正直面白くなかったか、絵下手だったんだろうなと。

123再録を再販するのは間違いなく下策だと思ったので
Web公開に踏み切り、まもなく一年で123巻分は全公開になる筈です
おかげさまでしばらく、イベントでもちらほらと456再録も気にかけていただいております。
やっとヴァンメイ8巻も底をつき、まあそろそろ本当に選ぼうか、という時期になりました。

で、どうしようかなと。
正直456再録以上に残ってしまって、二種で膨大になる在庫を抱えるのが一番怖いです。
でもなんだかんだ、ヴァンメイシリーズの方も気にかけて下さる方々がいて
そういう方達にお屋敷編を読んでほしいなーという気持ちも出てきました。
そしてブラバンシリーズから入った方にも、前日談としても読んでいただけたら嬉しい、というのがあります。
キアイラがお屋敷に入った訳、今はラブラブなご主人との恋が成就するまで、カーリーとの問題とか。

あ、新刊でカーリーの扱いがやや悪いのは、ヴァンメイ時代の彼女の態度や行動が原因となっています。未だにチェルシーやエリーゼとは微妙な関係です。

結局、再録を出す出さないの結論は保留にしますが
出すなら来年の中頃がいいなと考えています。
そして8巻が品切れしたので、ヴァンメイ9,10巻は次回は持っていかないかも。




夕方のビックサイト。
コミティア自体の感想はあまり書けませんでしたが、
とても楽しかったし、本当に元気をいただきました!
しかし3ホール開催とあってお買い物時間30分は全然足りず
ヤマト運輸の待機列はかつてない長蛇の列で困りました!
おひとりさま参加にも慣れてきた頃ですが
やはりたまには売り子さんにお手伝い願いたいですね!



最後に、BOOTH通販オープンしました!
新刊とイベントで飾った原画の販売をしております
期間は12月3日までの予定です、よろしくお願いします!
https://mary0mary.booth.pm/
にほんブログ村 漫画ブログへ

拍手[1回]


COMITIA126参加のお知らせ


桃ノ木です!来週11月25日(日)開催のCOMITIA126に参加します!
スペースは【メアリー/Y45b】東の5ホールとなります
3ホール開催なのでちょっと見つけにくいかもしれません、ご注意ください!




新刊は上の表紙の
ブラックバーン家のメイドさん達・ショート編
A5/40P/400円

19世紀お屋敷メイドシリーズの短編3話を収録した漫画となります
ブラックバーンシリーズは基本単体で読めるようにしていますが
特にお試しで読んでいただきやすい本かと思います。

※人物紹介も付けていますが、登場人数は多いです
とはいえ各話の主人公であるキアイラ・エリーゼ・カミラ以外は
お屋敷にいる人達〜みたいな認識で問題ないと思います。
ひたすらみんなでわいわいしている感じです
いつもより薄い本ですが、ランドリー、キッチン側も少し出て来ますし
大きいお屋敷で生活するってこんな感じなのかなーみたいな雑多感を
味わっていただけたらと!

ただ個人的にはもう少し読後にボリュームを感じられる本にしたかったなあ…
という思いはあります。割とあっさり読めてしまうし、大きな事件もないので。
日常系3分アニメみたいな感触になるかと。

ブラックバーンシリーズのメインシナリオ(?)となっている
カミラの恋愛についての話もありますが
絶対読まないと違和感が出る、といったものでもないので
今回の新刊はいわゆる0.5巻みたいな扱いで
印刷数も多巻に比べ少なくしています。
当日の配布状況によっては委託もできなくなると思いますので
気になる方はお早めにお求めいただけたら幸いです!






お品書きはこんな感じ。
新刊他、ブラックバーン家のシリーズは少し多めに持っていきます!
前回新刊である高級娼婦もそれなりに。
再録本他、新作に関連のない既刊は手持ち少なめになるのでご注意ください
前回描いた原画も再び持っていきます、ご縁があればよろしくお願いします!







にほんブログ村 漫画ブログへ

拍手[1回]


箱根旅行へいきました!


桃ノ木です
今回は旅行へいったよ、というお話です
イベントも近いし、そちらの話をした方が良いのですが
珍しく泊りがけの旅行へ行って楽しかったので、そちらの思い出をブログに残したいと思います。
ついつい写真が多くなってしまうと思いますが、ご容赦ください!

旅行先は箱根
目的は星の王子さまミュージアムとガラスの森美術館です。



まず最初は、有名なサン=テグジュペリの小説
「星の王子さま」をテーマにしたミュージアム
フランス風の街並みや庭園、館内には星の王子さまの物語を再現したような場所や
作者
の生涯がわかる展示がありました。




バラと星が合わさるお庭




広い庭園は紅葉と合わさって、とても綺麗でした!

せっかくなので謎解きアトラクションである
ー大人のための謎解きプログラム 第2弾「星の王子さまと秘密の物語」ー
にも挑戦してきました!


こちらはお土産の写真ですが、左側の本がそのパンフレットで
館内を回って空欄を埋めて物語を完成させる、という物です!
ただ物語が完成した後の後半からは、謎の難易度がグッと上がって
流石「大人のための」だなーと!
ギミックも凝っていたし難易度も高かったですが
なんとか無事に攻略することができました!



お昼がまるでお子様ランチ!


デザートにはスイーツの盛り合わせと、バラの紅茶をいただきました!



ミュージアムでは夜にはイルミネーションもあるそうなのですが
時間の都合で、お昼過ぎにはガラスの森美術館へ移動しました



ガラスの森美術館は中世ヨーロッパ風の庭園とヴェネチアンガラスの展示がある美術館。
こちらもとってもお庭が綺麗です!建物や自然もさることながら
庭のあちこちに展示されたガラス作品やクリスタル製のアーチや木々が
華やかに光っていて見応えがあります!



うーん写真がいまいちなので100分の1も伝わらないのですが
お天気にも恵まれたおかげでクリスタルガラスの木やススキ眩しいばかりでした!



こちらも紅葉と建物がいい感じだなーと

美術館館内も巨大な暖炉やドーム型の天井など
まるで本当にヨーロッパへ来たかのような内装で
そこらへんも見応えがありました!
ガラス作品も美しいし、個人的にはどのようにして模様が作られているか
といったコーナーが面白かったです!



館内レストランで休憩。グラスもなんだか良さそうなガラスでした!
ここではおやつにガトーショコラを食べましたが
生クリームはふわふわだし、付け合わせのソースは美味しいし
隣の席のクロワッサンもめっちゃ美味しそうだし
これはパスタも絶対美味しいだろうし…
もっとお腹に余裕があればなあ、と悔しく思いました。

こんな感じで、箱根旅行の二大目標の観光を終えました!
二つの場所は仙石原という地域にあるのですが
近くでススキが時期を迎えているとのことで夕方から見にいきました。



全部ススキ!なんだかふわふわして見えました



真ん中の歩道は坂道になっているので、思いの外大変だったかも




一泊し、翌日は芦ノ湖周辺を観光しましたが
この日はお天気がいまいちだったので、あまり写真は撮れませんでした
むしろ庭園が強い魅力の二つを先に観られて幸いだったかなと思います。



この日はお土産を買ってから
関所近くのからくり美術館へ行きました!
正直、からくり箱がガラスケースに入っているだけの展示かなと
ちょっと期待値が低かったのですが
館内にはちゃんと触れるブースもあって
一番楽しかったのは、からくり家具体験コーナーです。

隠し引き出しが飛び出してくる机や、順番通りにガラス戸を開けないと引き出しが開かないカップボード。隠しスペースのある額縁など
一部は答えがわかりませんでしたが、スパイ映画か脱出ゲームか、みたいな気分になれて
とても面白かったです!
入館料以上の金額のお土産を買うと、そのまま入れるそうなので
お土産を買うついでに遊んでいくのが良さそうです!


そんな感じで色々体験の多い旅行でした!
他にも足湯に入ったり温泉に入ったり、美味しい和食を食べたりととても幸せでした!
うちはあまり遠くへ出かけることが少ないのですが
こうして出てみると、旅行っていいなーまた行きたいなーという気持ちになります。
また来年にでも何か企画してみたいです。





にほんブログ村 漫画ブログへ

拍手[1回]